想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

温暖化の先は?未来の人道危機を考えるオンラインイベント開催 WWFジャパン2020年9月18日

一覧へ

WWFジャパンは、9月25日の「Global Day of Climate Action」に合わせ、気候危機について様々な視点から考えるオンラインイベントを開催する。

温暖化の先は?未来の人道危機を考えるオンラインイベント開催 WWFジャパン

約1年前、16歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんに共鳴した多くの若者たちの呼びかけに呼応する形で、世界で「グローバル気候マーチ」が行われ、760万人以上が街頭に集結した。"気候危機"とも呼ばれ、人々の暮らしや人命にも、深刻な被害をもたらす気候変動の影響は世界共通である一方、気候危機への抵抗力には格差がある。日本だけでなく、すでに世界各地で現れ始めている被害の多くは、気候変動にほとんど責任のない、途上国の人々を襲っている。

同イベントは、「温暖化が進むとどうなる?未来の人道危機を抑えるために今、私たちにできること」をテーマにSDGsが提唱から5年目を迎える9月25日に開催。気候変動による人の暮らしへの影響を懸念し解決の志を持るスピーカーが参加する。世界各地の人道支援のフィールドや、気候変動の国際交渉の現場など、最前線で活動している「現実」を提示し、今後の「展望」について考える。

登場するスピーカーは、国連広報センターの根本かおる所長、伊賀市観光大使のいが☆グリオくん、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンプログラム部の倉橋功二郎氏、WWFジャパン気候変動グループ専門ディレクターの小西雅子氏。

<イベント概要>
日時:9月25日18:30~20:00
形式:オンライン開催(事前申し込み制)
主催:WWFジャパン

【イベントページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る