想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

シンプルライフ研究家マキさんに聞いた「しない料理」オンライン講座 生活クラブ2020年9月30日

一覧へ

生活クラブは9月26日、3月末にスタートした参加型キャンペーン「サステイナブル フェス!」の一環として、シンプルライフ研究家マキさんによる暮らしのヒントを伝えるオンライン講座「今日から実践できる『シンプルライフ講座』第1弾」を、YouTubeを使ってライブ配信。生活クラブの組合員であり、働きながら2人の子どもを育てるワーキングマザーのマキさんの自宅から中継をつなぎ、シンプルに暮らすコツを聞いた。

オンライン講座第1弾のテーマは「料理」。マキさんは、シンプルライフを「本当にお気に入りだけに囲まれた、心豊かな暮らし」と定義し、その暮らしを続けるコツは「スタートとゴールだけはしっかり決めること」と語る。元気な時でも、忙しくて疲れている時でも美味しい食卓にするための、買い物から料理までをシンプルにする方法や、 「家族にバレない手抜きごはん」のコツを伝授した。

一つ目のコツ「時短食材を選ぶ」では、調理時の工程を減らし、時短に繋げるための食材の選び方を紹介。また、二つ目のコツ「まとめ買い」では、ルールを決めて効率よく買い物をすることを、生活クラブの「よやくらぶ」を活用した方法を紹介した。さらに、3つ目のコツとして、「調味料をしぼること」で、生活クラブの良質でお手頃価格の調味料を活用したシンプルな調理を提案している。

講座後は、マキさんの自宅の冷蔵庫の中と備蓄品を披露。冷蔵庫には「今日使う食材を真ん中の棚に置く」など、マキさんが実践している使い方のルールや、ビオサポレシピを参考に作った常備菜などが見られた。備蓄品のコツとしては、空けてすぐに食べられる缶詰を選ぶことや、災害時の栄養バランスを考えた選び方をすることがおすすめだという。

質疑応答のコーナーでは、視聴者から寄せられた質問を元に「お気に入りの見つけ方」や、「シンプルでも食卓を飽きさせない方法」など、マキさん流のポイントを伝授した。

なお、第2弾の「シンプルライフ講座」は洗濯・掃除をテーマに10月25日に開催予定。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る