想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

遊佐町共同開発米部会と共同開発「とことん共生米」デビュー 生活クラブ2020年10月21日

一覧へ

生活クラブ連合会は、山形県のJA庄内みどり・遊佐町共同開発米部会と取り組んできた、栽培期間中に化学合成農薬・化学肥料を一切使わずに作ったお米を「とことん共生米」を新たに11月から供給を始める。

組合員による除草の手伝いの様子組合員による除草の手伝いの様子

生活クラブは、サステイナブルな食料自給を実現するための基礎的食料として、生活クラブと主産地で米をつくっており、安全、安心で産地の環境を守りながら「消費者」と「生産者」がいっしょにつくり上げた米を「共同開発米」と呼んでいる。

「共同開発米」は、生活クラブで2019年10月から供給を開始した山形、栃木、長野、宮城の4つの産地のお米のブランド。提携する米生産者と生活クラブ組合員(消費者)が、品種や農法を話し合って決め、農薬や化学肥料を減らした米の開発や、水田を活用して飼料用米や加工食品原料の作付けによる自給力向上の取組みなどを実現してきた。

そのひとつが山形県遊佐町で2003年に始まった、栽培期間中に化学合成農薬・化学肥料を使用しないお米をつくる取り組み。生活クラブは約18年間にわたって、組合員による除草の手伝いや食味調査等に協力。これまで予約注文による共同購入だったが、新たに「とことん共生米」という名称を付け、随時注文ができるお米として共同購入を始めた。

新名称「とことん共生米」は、環境に配慮し、自信を持って作られたお米であることや、生産者の思いなど様々な視点から決定した。「とことん」には「生産者がとことん話し合い、とことん手をかけ、とことん想いをこめた、こだわりの米」という意味が、「共生米」には「環境と向き合い、人と人が向き合ってできたお米」という意味が込められている。

現在、とことん共生米は、山形95号という品種を使用。収量と食味がよく、稲に特有のいもち病の発生が少ないことが特徴で、特別栽培など、農薬を減らした栽培に向いた品種として期待されている。

「とことん共生米」は5キロ、3358円、「とことん共生米 玄米」は2キロで1314円。いずれも税別。

「とことん共生米」(写真左)と「とことん共生米玄米」「とことん共生米」(写真左)と「とことん共生米玄米」

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る