想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ジャパンチーズアワード」しあわせチーズ工房がグランプリ受賞2020年10月22日

一覧へ

NPO法人チーズプロフェッショナル協会(CPA)は10月17日、優れた国産ナチュラルチーズを表彰する「ジャパンチーズアワード2020」を東京・千代田区の神田スクエアで開催。全国78の工房から選りすぐりのチーズ233種類が出品され、「加熱圧搾/6カ月以上部門」に出品された「しあわせチーズ工房」(北海道)の「幸(さち)」がグランプリを獲得した。表彰式は12月1日に東京・新宿のルミネゼロで実施する。

グランプリを受賞したしあわせチーズ工房の「幸」グランプリを受賞したしあわせチーズ工房の「幸」

同アワードは、国産ナチュラルチーズの生産者を応援し、生産者と消費者をつなぐプロジェクトとして2014年にスタート。国産ナチュラルチーズの最高峰を決めるコンテストとして2年に一度開催しており、4回目となる今年は、全国78の工房から選りすぐりのチーズ233種類が出品された。

審査は「チーズプロフェッショナル」の資格を持つ、同アワード専門の研修を修了した81人が担当。厳正な1次審査で選ばれた各カテゴリー上位のチーズは、24人の審査員によるグランプリ審査により、「加熱圧搾/6カ月以上部門」に出品された、「しあわせチーズ工房」の「幸」がグランプリを獲得した。

また、「フレッシュ・リコッタプレーン」「ソフト白カビ」「青カビ」などの各カテゴリーで、高い評価を得たチーズから選出される部門賞を19工房、21点のチーズが受賞。結果発表の様子は、同日18時からCPA国産チーズ特設Webサイト「CheeseFun!」とCPA公式YouTubeでライブ配信された。

結果発表の冒頭、CPAの本間るみ子会長は新型コロナウィルス感染症の影響によって出品者が出席できず、オンライン中継での結果発表となったことに触れ、「本来であれば応募された方が集まり、和気あいあいと発表されていたと思うと残念でなりませんが、関係者のみでの開催になるにも関わらず、工房の皆さんは真摯に受け止め、出品してくださいました」と感謝を述べた。また、「ジャパンチーズアワード2020」の結果について「(部門賞で)金賞を受賞した工房は、過去にも受賞した経験がある優秀な生産者も多いが、新しい工房も複数あった。チーズを作る技術だけでなく、牛や山羊の健康や環境を管理しながらチーズを作っていることが、チーズの表情を見るだけで伝わってくるようなコンクールだった」と講評。グランプリを獲得した、しあわせチーズ工房の「幸」については、「見るからに外皮はキレイで、中が黄色くて、青草を食べた牛たちが放牧された時に作ったものかと想像が膨らんだ」とコメントした。

審査結果審査結果

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る