想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コンパクト農家モデル都市をめざしThe CAMPus BASEと連携 都農町2020年10月22日

一覧へ

極小農地でも収益性の高い農業を学ぶコンパクト農家専門の育成講座「コンパクト農ライフ塾」を主催する(株)The CAMPus BASE(ザ・キャンパス・ベース)は、宮崎県児湯郡都農町と、つの未来まちづくり推進機構と連携し、小さいエネルギーで豊かな暮らしを手に入れるコンパクト農家の普及啓発に取り組む。

コンパクト農家モデル都市をめざしThe CAMPus BASEと連携 都農町

ザ・キャンパス・ベースは、2000人の会員が学ぶインターネット農学校「The CAMPus」を運営。「日本初の小さな農家の育成に特化した」短期集中で学べるオンラインのスタートアップ講座「コンパクト農ライフ塾」を5月に開講した。新規就農をめざす社会人や、副業で農業をめざす人、さらなる事業成長をめざす既存農家などをターゲットに、これまで60人以上が修了し、これからの時代に合うビジネスと農ライフをバランスさせた農業従事者の誕生を後押ししている。

一方、宮崎県のほぼ中央に位置し、山と海に囲まれ自然豊かな都農町は、温暖な気候を生かしブドウに代表される果樹、トマトやキュウリなどの野菜、スイートピーなどの花きなど農業が盛んな「農の都」。同町の河野正和町長は、「山林が町の7割を占めるゆえに農地面積が少ない町の特徴を生かし、小規模で生産効率を上げる農家が都農町の次世代農家の1つの姿であり、これからの町を支えていく」とし、つの未来まちづくり推進機構と協調し、都農町の農業施策の一環で「コンパクト農ライフ塾」を推奨プログラムとして取り込み、現役農家が学べる機会をつくった。

これをきっかけに同社は、都農町がコンパクト農家のモデル都市として、小さくても質実剛健な農家が地域で機能していく仕組みづくりと次世代へ繋ぐ持続可能な地域づくりをサポートしていく。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る