想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

オンライン蔵開きで新しい「顔の見える酒造り」へ挑戦 北川本家2020年10月28日

一覧へ

伏見の老舗酒蔵、北川本家(京都市伏見区)は、例年10月下旬から11月上旬に本社敷地内で行なっている蔵開きイベントを、今年は11月28日にオンラインで実施する。

オンライン蔵開きで新しい「顔の見える酒造り」へ挑戦 北川本家

酒どころ伏見では、春と秋に各酒蔵(酒造会社)が一般消費者に自慢の酒を味わってもらうため「蔵開き」と称した行事を実施してきた。京阪神だけでなく全国から来訪者があるが、新型コロナウイルス影響で、それぞれの酒蔵で3月20日に計画していた春の蔵開きイベントは中止になった。

同社は「蔵開き」について、単に蔵出しのお酒を味わってもらうだけでなく、ふだんは製造現場の乾蔵(いぬいくら)で日本酒造りに向き合っている蔵人たちが、じかに消費者から生の意見を聞ける絶好の機会ととらえている。また、「顔の見える酒造り」という同社のテーマにも欠かせないイベントであることから、三密を避ける新しい方法を試行錯誤。その結果、秋の蔵開きは、オンラインによる開催となった。同社は「北川本家の360年以上続く長い歴史と伝統が、現代にそしてオンラインでどう伝わるのかを知り、新しい『顔』の見える酒造りに繋げたい」と話している。

オンライン蔵開きは、11月28日15時~16時30分までオンライン(Zoom)で開催。限定酒(5000円~)を1セット以上購入すると参加できる。
参加予定数は先着100人。

【オンライン蔵開】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る