想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2020年の食トレンド大賞は「ホットプレートごはん」クックパッド2020年12月4日

一覧へ

クックパッドは、今年を代表する家庭料理のトレンドを選出する「食トレンド大賞2020」と「食トレンド予測2021」を発表。これを記念して、料理の思い出やよく作った料理についての投稿を12月10日まで募集している。

2020年の食トレンド大賞は「ホットプレートごはん」クックパッド

2020年は新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が増加。学校の休校や在宅勤務の影響もあり、家族の食事を作る頻度が上がり、「料理の負担」が増した。同社の実施した調査でも8割が料理の負担増を実感。「昼ごはんの準備」や「献立を決める」のが特に負担だったという声が寄せられた。
クックパッドでも、その負担をポジティブに解消してくれるメニューの検索頻度が高まった。外出自粛中にお菓子やパンを作る家庭が多く、スーパーなどでは製菓材料が品薄状態になった一方、「コロナ太り」という言葉も生まれ、ヘルシー食のオートミールの検索頻度も急増。主食にもお菓子にも使える汎用性の高さが、人気の要因となった。

大賞は、家族で一緒に楽しめて調理や後片付けも簡単な「ホットプレートごはん」。自粛期間中はランチに頭を悩ませた人が多く、いかに負担を軽減しながら家族を満足させられるかという課題。これを解決したのが「ホットプレート」で、クックパッドでも検索頻度が上がったキーワードのひとつとなった。臨時休校が始まった3月以降に検索頻度が急増し、ピーク時の5月は2月と比較して2.8倍になった。
ビビンバやピザなど、子どもと一緒に作れるホットプレート料理は、調理自体がアクティビティとなるだけでなく、外出ができないストレスの発散にもつながり食卓のマンネリ解消にも一役買った。
また、家族で一緒に料理を作れる楽しさだけでなく、特別感がありながらも、調理や後片付けが簡単なことも高い支持を集めた理由の一つとなった。
この他、入賞は、「ダルゴナコーヒー」「台湾カステラ」「オートミール」「おうちで楽しむ旬レシピ」が入った。

2021年の食トレンド予測としては、ヘルシー食品の人気が継続。また、アジアグルメからもブーム誕生の予感もある。近年大ブームを巻き起こしたタピオカドリンクや、食トレンド大賞2020にノミネートされたダルゴナコーヒーなど、例年話題になるのがアジアで人気のグルメ。来年はヘルシーな「台湾茶」、韓国で定番の「ハニーバターチキン」が日本でも注目だ。
また、食材として徐々に認知が高まってきた「大豆ミート」は、健康志向の方の間で話題に。2019年以降、人気が定着しつつある「下味冷凍」と「食パン」を組み合わせた「冷凍作りおきトースト」は、朝食に限らず在宅勤務のランチとしても重宝されそうだ。

なお、「#わたしの食トレンド2020 投稿キャンペーン」を実施中。12月10日までの期間中、クックパッドニュースの公式Twitterアカウントをフォローして、2020年の料理の思い出にハッシュタグ「#わたしの食トレンド2020」を添えて対象ツイートを引用リツイートすると、抽選で10人に料理が楽しくなるアイテムをプレゼントする。

@cookpad_news

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る