想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

AI活用で「越波」検知の技術を特許出願 日本気象協会2020年12月11日

一覧へ

日本気象協会とArithmer(株)は、カメラ画像をAIで分析し、台風や低気圧の接近や通過に伴い高波が道路の護岸を越え「越波(えっぱ)」の発生有無をリアルタイムで確認、検知できる技術を開発し、9月10日に特許庁へ共同出願した。

AI を用いた越波の解析例。緑は道路、青は高波。その他、走行車両等を自動で判別するAI を用いた越波の解析例。緑は道路、青は高波。その他、走行車両等を自動で判別する

カメラ画像から越波を検知する従来の手法は、越波の有無を判定するための基準線をあらかじめ設定するなど、地点ごとに複雑な設定を行う必要があった。今回開発した技術は、初期設定を行うことなく、カメラ画像のみで波の侵入を検知・判定できるためより速やかに、かつ容易に運用を開始できる。

今回、特許を出願した技術は、道路監視カメラの画像から越波の発生をAIが自動検知。カメラ画像から道路、走行車両、護岸と護岸にうちあげる高波を抽出し、それらを組合せて解析することで、高波が道路にかかる状況を自動的に検知する技術で、各要素の抽出には深層学習(DeepLearning)を用いている。

海岸沿いの道路では、台風や低気圧の接近や通過に伴い高波が道路の護岸を越え(越波)、車両の走行が危険な状態になるため、道路管理者は越波の発生を速やかに検知し、巡回・監視の強化と通行規制などの対策をとる必要がある。越波の発生については、監視員が現地で目視確認することで、道路へのしぶきや波のかかり具合を詳細に把握し、最適な道路管理を行っているが、現地での確認は監視員が被災するリスクもある。安全・安心な走行環境を確保しながら、監視員や監視車両の安全性を高めるうえで、越波監視の効率化や高度化が強く求められている。今回、共同で特許出願した技術を用いることで、監視カメラ映像から越波の有無をAIで自動判別し、越波が発生した際にアラートを発信する等の対応が可能となる。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る