2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「何が入っているかわからない」「添加物が不安」 代替肉に関する調査2020年12月25日

一覧へ

伊藤忠グループのリサーチ会社、マイボイスコムは、「代替肉」に関するインターネット調査を12月1日~5日に実施。1万133件の回答から得られた調査結果では、直近1年間に代替肉を食べた人は2割強で、いままでに食べたことがある人は4割弱。代替肉について気になることや不安なこととして「おいしいかどうか」が5割強、「何が入っているかわからない」「添加物が不安」が各3割だった。

代替肉の利用状況代替肉の利用状況
(クリックで拡大)

調査によると、代替肉の認知率は8割、「どのようなものか内容を知っている」が25.6%、「聞いたことがある程度」が54.1%だった。

利用状況では、直近1年間に代替肉を食べた人は2割強、いままでに食べたことがある人は4割弱だった。

食べた代替肉は(複数回答)、「大豆ミートで作られた加工品や総菜を、自宅や飲食店で食べた」が12.9%、「大豆ミートを購入し、自宅で料理して食べた」が5.2%だった。

代替肉の利用意向代替肉の利用意向
(クリックで拡大)

直近1年間に代替肉を食べた人に、食べた理由・きっかけを聞いたところ(複数回答)、「健康のため」が29.8%。「どんな味か、試しに食べてみた」「高たんぱくで低カロリー」「肉と同じような食感・風味で、ヘルシー」が2割前後だった。

代替肉の利用意向は3割弱で、女性10~30代で比率が高い。また、直近1年間に食べた人では5割、食べたことがない人では2~3割。非利用意向は3割強だった。

今後代替肉を食べるとしたら、食べたい・食べてみたいものは(複数回答)、「大豆ミート」が43.5%。「大豆以外の植物性原材料を使ったもの」が21.9%となった。代替肉について気になること・不安なことは(複数回答)、「おいしいかどうか」が52.0%。「何が入っているかわからない」「添加物が不安」が各3割。「おいしいかどうか」「価格が高そう」は、女性若年層でやや高くなっている。

代替肉について気になること・不安なこと代替肉について気になること・不安なこと
(クリックで拡大)

◎回答者のコメント

◆代替肉を食べたいと思う理由・思わない理由(全7449件)
<食べたいと思う>
・健康診断で色々引っかかる年齢なので、まずは食生活から変えようと思った。(男性50歳)
・単純にお肉・お魚以外の食材としてもおいしいから。(女性37歳)
・料理に幅が広がるならば利用してみたい。牛、豚、鳥とは違った使い方ができるかもしれない。(男性68歳)

<食べたいと思わない>
・お肉と変わらないとうたっていたので試してみたが、やっぱり大豆の風味がわかり、美味しくない。(女性38歳)
・加工品ではない自然の食品(肉や魚)を適量食べた方が、健康にはよいと思うから。(女性54歳)
・環境理由でも食べたいと思わない。気味悪い。(男性49歳)

<どちらともいえない>
・食べる機会があって、おいしければ取り入れる。(女性61歳)
・肉を食べたくないわけでもないし大豆が苦手でもないのでわざわざ肉に似せなくてもそのままの食材の料理で良いと思う。でも面白そうだから興味本位で食べるのはありです。(女性37歳)
・資源が本当にないときは選択肢に入るかもしれないが、通常時は肉や魚を食べたいから。(男性44歳)

【調査結果】

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る