想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

酒蔵を飲んで応援 Makuakeで「オンライン日本酒市」開催2021年1月19日

一覧へ

国内最大級の日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES(サケタイムズ)」を運営する(株)Clearは、(株)マクアケと共同で、全国各地の日本酒をオンライン上で応援購入できる「飲んで酒蔵を応援しよう!全国から集結!オンライン日本酒市vol.2」を2月2日から開催。新しいものや体験の応援購入サービス「Makuake」内で実施する。

酒蔵を飲んで応援 Makuakeで「オンライン日本酒市」開催

同企画は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、ますます厳しい状況が続く酒蔵・酒販店を支援するため開催する「オンライン日本酒市」。外出自粛が続き、家飲み文化が定着する中、おいしい日本酒で家飲みをもっと楽しんでもらう機会をサポーターへ提供する。2020年5月に行われた第1回では、40蔵以上の酒蔵が参加し、9000人以上のサポーターが応援購入を通じて参加。累計約9000万円の応援購入総額を集めた。

今回の取り組みでは、「Makuake」のサイト上に「オンライン日本酒市」第二弾の特設ページを開設し、各酒蔵・酒販店が実施する日本酒のプロジェクトをまとめて掲載する。参加する酒蔵・酒販店は、「Makuake」のプロジェクトページを通してプロジェクトを実施する背景、酒造りへのこだわりや製品の特徴、おすすめの飲み方などを自らの言葉で伝え、サポーターを募る。造り手の想いや酒造りの背景を知った上で、応援の気持ちを込めて欲しい製品を"応援購入"をすることで、プロジェクト実行者である酒蔵と酒販店の挑戦をサポートする。

参加する酒蔵・酒販店は同社のプラットフォーム利用手数料を5%引きでプロジェクトへの掲載が可能。また、「SAKETIMES」での酒蔵や製品の紹介記事を掲載できる。参加酒蔵・酒販店のコロナ禍におけるPRサポートも「SAKETIMES」で行い、日本酒好きへ情報が届くよう支援する。

2月2日から、応募のあった酒蔵のプロジェクトの掲載を始め、その後も随時公開。また、2月7日まで新たに参加を希望する酒蔵・酒販店を募集し、「オンライン日本酒市」にプロジェクトを随時公開していく。

◎「飲んで酒蔵を応援しよう!全国から集結!オンライン日本酒市vol.2」開催概要

開催期間:2月2日〜3月31日
開催場所:「Makuake」内特設ページ(公開予定:2月2日14時
参加酒蔵募集日程:1月15日〜2月7日
参加申し込み方法:「Makuake」サイト上「プロジェクトを掲載する」から、「オンライン日本酒市申込希望」と明記のうえ申し込む。

【「Makuake」内特設ページ】※2月2日14時公開

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る