想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

学校で胡蝶蘭を咲かせよう 心を育てる花育プロジェクト開始 椎名洋ラン園2021年1月25日

一覧へ

(有)椎名洋ラン園が運営するGro_wers(グローワーズ)は1月8日、学校での花育教育支援者を募集するプロジェクトをクラウドファンディングのCAMP FIREで開始した。

学校で胡蝶蘭を咲かせよう 心を育てる花育プロジェクト開始 椎名洋ラン園コロナ禍で小学校行事の多くが中止となり、児童の学校生活も変化する中、6年前から小学校で花育授業を展開してきた同社に多くの学校から花育授業開催の要望があり、実施に向けての支援者を募集。大切な人のために花を咲かせる花育授業は、現在までに20か所以上で1200人以上が参加。実施金は、胡蝶蘭の販売金額から貯蓄し、学校が無償で実施できる授業として展開してきた。

児童は1人1鉢の花芽付きミディ胡蝶蘭を受け取ると、大切な人にプレゼントするために教室内で栽培を開始。花には自分で命名し、約2か月後の開花に向けてそれぞれの大切な人を想いながら花を育て始める。花が開花する頃に2回目の授業を行い、大切な人に対するメッセージを添え、胡蝶蘭にラッピングして持ち帰る。自分で咲かせた花は、金額には換算できない心の籠もった贈り物として、子どもも受け取った大人も笑顔になる授業として、多くの学校から開催要請が寄せられている。

同社は「大人達が花を飾ることにより、子供達の心を育む花育の授業費に還元される」として、自然に関わる授業はSDGsにも直結する必要不可欠な要素であると考えている。クラウドファンディングの支援者には、胡蝶蘭と花育報告書の送付とともに子どもたちの様子も報告できるよう準備を進めている。

【小学校で大切な人ために胡蝶蘭を咲かせよう!心を育てる花育プロジェクト!!】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る