想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鹿児島県の生産者支援第2弾 甑島のきびなご漁師親子の挑戦 CF募集2021年1月25日

一覧へ

鹿児島県特産品協会は、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で「ひっとべ鹿児島 想いをつなぐプロジェクト」を立ち上げ、今年度は4つのプロジェクトで特産品製造者を支援。第2弾は「甑島のきびなご漁師親子の挑戦」で、3月11日まで支援を募集している。

鹿児島県の生産者支援第2弾 甑島のきびなご漁師親子の挑戦 CF募集

同協会は、鹿児島県内の特産品製造企業などを対象に、クラウドファンディングを活用して日本全国へ特産品の情報を発信。新たな市場でのサポーター作りとブランド化・販路開拓をめざし、「クラウドファンディングを活用した特産品振興支援事業」を実施している。

第2弾は、甑島の代表的漁業であるきびなご漁の未来を背負い奮闘する親子の挑戦を応援するプロジェクトで目標額は100万円。鹿児島県の食文化を支えるきびなごの水揚げ量約40%を占めている甑島では、後継者不足で多くの漁師が廃業。そんな中、甑島漁業の現状を憂い、次世代へつなごうと奮闘する日笠山水産代表取締役の日笠山誠さんと、その想いを引き継ぐ息子、太誠さんの活動を支援する。返礼品は3000円からで漁網のかたち、水揚げした船上直後の保存方法、加工場の特注製造ラインまで全ての工程で手間暇かけたきびなごを詰め合わせた「日笠山水産自慢のきびなごセット」など。

日笠山水産では島に帰ってきた息子の太誠さんが、父と一緒に船に乗り、親子で漁に出ている。太誠さんが船を持って独り立ちし、漁師として奮闘する姿を知ってもらうことで、漁師という職業の素晴らしさを発信。漁師になりたいという若者が増えて欲しいと願っている。また、甑島の鮮度抜群のきびなごを全国の子供たちに食べてもらうことで、鹿児島の食文化と和食の普及・伝承にもつなげることをめざしている。

【甑島の代表的漁業を背負う漁師一家の奮闘 応援プロジェクト】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る