Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

おうち時間に園芸体験を レタスの種を千葉市動物公園で配布 千葉大学2021年3月8日

一覧へ

千葉大学の環境ISO学生委員会と京葉銀行は3月13日、14日の両日、SDGs達成に向けて協同で行っているecoプロジェクトの一環として、千葉市動物公園の来園者にリーフレタスミックスの種を配布する。

配布するリーフレタスの種

千葉大学と京葉銀行は2012年に包括連携協定を締結。千葉大学で環境活動を主体的に担っている環境ISO学生委員会と京葉銀行が協同で、2017年から「ecoプロジェクト~7色の虹を千葉から未来へ」を実施している。

同企画は日頃、園芸で「癒し」を実感している園芸学部の学生が発案。栽培の様子を投稿し共有することで、同様の趣味を持つ方とのコミュニケーションを取れる仕組みを考え、企画の相談を受けた京葉銀行は千葉市動物公園に協力を依頼し、配布場所を確保した。

取り組みでは「みんなでタネをまこう!レタスを味わおう!」を合言葉に、リーフレタスミックスの種を配布し、コロナ禍でも、家庭で手軽に楽しめる園芸体験をつうじて、「癒し」と「自産自消」の魅力をアピールする。

リーフレタスは、結球しないレタスで、栽培期間が1か月と短く、栽培方法も簡単。初心者でも栽培を楽しめる野菜で、家庭用のプランターでも十分に食べられる大きさに育つ。企画した園芸学部2年の谷口明香里さんは「子どもたちにはレタスの栽培を通して、植物の成長のみならず、自ら食べ物を育てて食べることにも関心を持っていただければ」と話している。

配布は13日、14日のいずれも9:30~11:00でなくなり次第終了。各日750個の配布を予定。千葉市動物公園の正門と西口広場の2か所で配布する。

<Instagramによる応募方法>
1.「栽培中のレタス」または「調理をしたレタス」の写真を撮影
2.自身のアカウントで「@eco_dispatch」をフォローする
3.投稿に「#チバタネプロジェクト」「#エコ発信局」とハッシュタグをつければ応募完了

【千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る