Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ふくしま知らなかった大使」松岡茉優 胡蝶蘭の育成現場を訪問 かつらお胡蝶蘭2021年4月8日

一覧へ

かつらお胡蝶蘭と(株)メディオテックが福島県双葉郡葛尾村で共同で行う胡蝶蘭の育成・販売事業の現場を、「ふくしま知らなかった大使」の女優・松岡茉優が訪問。その様子を伝える動画がYoutubeで公開された。

「ふくしま知らなかった大使」松岡茉優

「ふくしま知らなかった大使」は、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の風評被害と被害の風化を防ぐため、福島県が設置した広報大使。知らなかったことを知る驚きや新鮮な気持ちを届け、福島の今とこれからを知ってもらうことを目的として初代大使に松岡さんが任命された。

葛尾村は、東日本大震災で発生した東京電力福島第一原発事故の影響を受け、全村避難を余儀なくされた。発生から5年後の2016年6月12日に、避難指示は解除されたが、もともと農産物の生産が盛んだった葛尾村は事故以降、汚染問題などの風評被害の問題に悩まされていた。そこで、葛尾村の有志が立ち上がり、風評被害を受けにくい花の育成を開始。太陽光発電や蓄電システムを用いた省エネ型ハウスで胡蝶蘭を育成する事業がスタートした。

葛尾村で育成している胡蝶蘭「hopewhite」は、最高級品種の「V3」の苗を台湾から輸入し、愛情をかけて丁寧に育成。一般的な胡蝶蘭よりも大ぶりの花を付けることに成功した。現在では胡蝶蘭育成の日本最北限の地としても有名になった。

白く美しい大輪の花のように福島の復興への願いが込められた「hopewhite」。2018年度には「復興大臣賞」を受賞、翌年の2019年には鴻巣花き(株)と鴻巣花き親睦会・鴻巣花き買参人会(埼玉県鴻巣市)共催の「平成30年冬季品評会」洋蘭の部で銀賞に輝いた。現在では、企業や個人客から贈答用として、また個人の観賞用としてもニーズがある。

動画で、かつらお胡蝶蘭の栽培ハウスで咲き誇る白やピンクの胡蝶蘭を見学した松岡さんは「みなさんのいろんな思い込めて実現した農業があったんですね。知らなかったな」とコメント。また、「戻すだけじゃなくもっと進化している福島の農業のこともっとみんなに知ってもらいたい」と福島のいまを伝えている。

【胡蝶蘭「hopewhite」通販サイト】

【ふくしま知らなかった大使 現地視察篇Ⅰ復興への願いが咲きほこる場所】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る