JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

サッカー×農業 コーチが作る山梨県産果物を届けるCF開始 蹴農人2021年4月14日

一覧へ

山梨県で初のゴールキーパー専門スクール、TRALD GK SCHOOLのコーチらが立ち上げたプロジェクト「蹴農人」は、若手のスポーツ指導者不足と農家の担い手不足を解消するとともに、山梨県産のフルーツを広めるため桃とぶどうの栽培を開始。クラウドファンディングで販売し、支援を募っている。

サッカー×農業 コーチが作る山梨県産果物を届けるCF開始 蹴農人

現在、山梨県では若手のサッカー指導者が不足している。理由の一つに、指導者の労働賃金の低さがあり、サッカー指導だけで生計を立てることが困難であるため、指導者になることを断念する若者が後を立たない。また、会社員と指導者を兼業しても、指導者業務への優先順位が低くなると両立が叶わずボランティアのような形になってしまうことも少なくない。サッカー指導を志す若者が子どもたちを指導できる環境を整えるとともに、選手によい指導者と出会う場所を増やすために立ち上げた「蹴農人」は、事業の一つとして、農業とのコラボレーションに挑戦している。

農業に挑戦する理由は4つ。ひとつは、農業の就業時間と指導者の就業時間がリンクしていることで、朝〜夕方に就業する農業と、サッカーを指導する夕方~夜の時間帯は重ならず両立がかなう。また、少子高齢化で山梨の名産品である桃やブドウ農家の高齢化が進む中、代替りができない農家の畑を借り、果樹の育成、販売を代行。それにより、「Made in YAMANASHI」の味と品質を伝えることをめざしている。

そして、日中は農業、夕方からはサッカー指導者と二足の草鞋を履く事で二つの収入源を確保。チームとして指導者と農業を兼業することで収入が安定し、経済的にも精神的にも指導者業務に集中できる環境を整えることができる。さらに、他県や他国とのつながりが強いサッカー指導者間のネットワークを使い、山梨名産の果樹をより広く認知し、実際に食べてもらうためののきっかけ作りも考えている。

【蹴農人 クラウドファンディングページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る