Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

業務用野菜の低迷続く コロナ禍で消費減少 東京市場2021年4月28日

一覧へ

長引くコロナ禍で外食需要が減少し、業務用野菜の消費が低迷している。タマネギ、キャベツ、ハクサイなど、露地物の夏秋野菜の出荷が始まったが、価格はいずれも低迷している。各産地は、業務需要から小売り主体に切り替えるなど、懸命な販売対策を講じている。3月までの東京都中央卸売市場の青果物価格の推移から、野菜の値動きをみる。

【タマネギのグラフ】

北海道産が終盤を迎え、府県産のタマネギの出荷が始まった。昨年は、4、5月の緊急事態宣言の影響で、業務用や学校給食用の需要が減り、出始めから価格が低迷した。5月の東京市場のキロ単価は、を平年の半額、47円まで下落した。主力の佐賀産は需給調整を余儀なくされた。昨年の低迷を踏まえてJAさがは作型を分散。早生を減らして中生・晩生の作付け割合を増やし、出荷の平準化をはかった。
併せて業務需要の低迷を見越し、大玉の出荷を減らし、家庭用需要の小玉の割合を増やした。これが功を奏し、現在の価格は1ケース(10キロ)800円前後で、平年の水準を維持しているが、コロナ禍の長期化は避けられず、これから5月の連休のよる休市があり、6月からは出荷ピークに入るため、予断を許さない。

「作柄もよく、小玉中心に出荷しているので、量も少ない。昨年よりはやや高値で始まっており、この状態が続いてほしい」(JAさが杵藤エリア園芸販売課)と期待する。

ハクサイのグラフ

業務用や契約栽培の多い、ハクサイやキャベツも同じように価格の低迷が続く。ハクサイは、昨年の11月からキロ30円台に急落し、今も平年の半値以下の50円を割る低価格が続いている。

主力産地の春ハクサイは終盤になるが、「業務用を中心とする大消費地への出荷は厳しい状態が続いている。かといってスーパーや量販店への販売にも限界がある」(茨城県JA常総ひかり園芸振興課)と頭を抱える。業務用需要の契約更新も滞っているという。同JA管内では、春キャベツの出荷が5月から本格化する。

キャベツの入荷量と価格の推移(東京市場)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る