Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

2020年度総事業高は前年比113% 組合員数は3万6000人増 コープみらい2021年6月11日

一覧へ

コープみらいは6月10日、第9回通常総代会を開催。2020年度事業報告承認の件、2021年度事業計画・予算設定の件、定款の一部変更の件、役員選任の件の4つの議案が賛成多数で承認可決された。

2020年度の総事業高は、4462億円、商品供給高は4290億円、経常剰余金は114億円。コロナ禍による買い物行動の変化に伴い、多くの組合員の利用が高まり、総事業高、商品供給高、経常剰余金はいずれも前年を超過した。組合員数は3万6000人増えて358万人、組織率(世帯加入率)は26.6%、出資金は13億円増加し683億円となった。

宅配事業では、3~5月は受注が大幅に伸びたことから、集品センターで対応できる限界を超え、一時欠品や注文点数を制限。その後、商品を継続的に届けられるよう集品センターの対応力の強化や、宅配の新たな希望者の加入受付の一時休止、商品カタログの一時発行中止や縮小などにより物流を安定させ、順次再開した。また、ECサイトのコープデリeフレンズからの注文が増加した。

店舗事業は、コロナ禍による外出自粛やまとめ買い傾向などにより、組合員一人当たりの購入点数が高まり、商品供給高が伸びた。また、エネルギー供給事業では「コープデリでんき」の利用件数は6万5000件を超えた。「コープデリガス」は利用件数は1万6000件。2020年6月から、コープデリでんき、ガスともにWEBから申し込めるようになった。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る