Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

エンドウ豆のでんぷんの市場規模 2028年までに144.2百万米ドルに達する見込み2021年7月5日

一覧へ

Report Oceanは、世界のエンドウ豆でんぷん市場について最新レポートを発表。調査によると、世界のエンドウ豆でんぷん市場規模は2028年までに144.2百万米ドルに達すると見込んでいる。

エンドウ豆のでんぷんの市場規模 2028年までに144.2百万米ドルに達する見込み

同レポートは、現在の市場を詳細に把握し、今後の市場成長について分析。また、消費者の可処分所得の増加、健康への関心の高まり、栄養やフィットネスに対する意識の高まりなどにより、エンドウ豆でんぷんの消費量は増加している。企業は、消費者が体重を維持し、必要な栄養を摂取し、健康上の目標を達成できるよう、エンドウ豆でんぷんをベースにした食品を導入している。

オーガニック製品の消費へのシフトが進む中、2019年8月、Cargill社はPURIS社に7500万ドルを投資。エンドウ豆のタンパク質、でんぷん、繊維の提供を強化することで、栄養ニーズを満たすために植物性タンパク質を求める消費者の需要の高まりに対応できるようになった。PURIS社は、非遺伝子組み換えおよび有機栽培のエンドウ豆でんぷんを、さまざまな食品・飲料カテゴリー向けに幅広く提供している。

この市場の最終用途には、食品・飲料、動物飼料、ペットフード、化粧品、医薬品、繊維、その他が含まれる。食品・飲料業界では、乳製品、焼き菓子、肉製品、スープ、缶詰など、幅広い製品にエンドウ豆でんぷんが使用。子供だけでなく大人の健康志向の高まりが、この分野の成長を後押ししている。

多忙なライフスタイルと相まって、健康的な外見やフィットネスに対する意識が高まっていることから、健康的なスナックや食事代替品の需要が増加し、成長を補っている。ペットフード分野は、穀物を使わないペットフードへの移行により、予測期間中に大きな成長が見込まれている。豆でんぷんは、ウェットおよびドライのペットフード、スナック、おやつに使用されるケースが増えている。

ピーンスターチの用途には、ゲル化、フィルム発泡、結合と増粘、テクスチャー化などがある。2019年はゲル化分野が最も高いシェアを占めた。コンビニエンスフード業界の成長が、予測期間中にこのセグメントの市場を牽引すると予想されている。

エンドウ豆のデンプンは、アミロースの含有量が多いため、弾力性のある食感を必要とする食品の主要成分。ゲル化を目的としたエンドウ豆でんぷんの工業用途の増加と、動物飼料分野からの需要の増加は、今後数年間に多くの成長機会をもたらすと予想される要因となっている。

予測期間中、アジア太平洋地域は大きな成長が見込まれ、人口増加、可処分所得の増加、ベーカリー、乳製品、菓子などの食品への使用の増加が、この地域の市場成長の原動力となっている。この地域の人口は、伝統的な食品群からより健康的な食品群へと徐々に移行しており、高い栄養価を提供する食品にはより多くの費用を費やすことが望まれる。若者の間で食生活やライフスタイルに関する意識が高まっていることから、今後数年間で市場は大きく成長すると予想される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る