JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

大阪・堺市で移動スーパー「とくし丸」運行開始 近商ストア2021年7月20日

一覧へ

近鉄グループの近商ストアは、移動スーパー事業を展開するとくし丸(徳島県徳島市)と提携し、大阪府堺市のKINSHO東湊店周辺で、「とくし丸」近商ストア15号車の運行を7月23日から開始する。

小さなスペースにぎっちりと食品や日用品が積み込まれる「とくし丸」小さなスペースにぎっちりと食品や日用品が積み込まれる「とくし丸」

移動スーパー「とくし丸」は、冷蔵機能を備えた軽車両に、生鮮食品・惣菜・日用品など約400品目1200点を積み込んで販売する移動型スーパーマーケット。お客の家を個別に訪問して販売するため、一人暮らしの高齢者の「見守り役」としても地域に貢献している。

近商ストアは、2018年4月に奈良県生駒市で「とくし丸」の運行を始め、大阪府八尾市、京都府宇治市、奈良市などで展開。現在の運行台数は2018年度末の2台から14台へ、販売額は7倍以上へと順調に伸ばしてきた。利用者からの需要も高く、2021年度も複数台の運行開始を検討しており、将来的には計30台をめざしている。

生活の中の楽しみでもある「お買い物」。同社は、奈良県北部の店舗を中心に、これまでも店頭で買った商品を自宅まで届ける「宅配サービス」や、買い物を終えて帰る際のタクシー代の一部を負担する「楽タクサービス」などを通じて、買物サポートに取り組んできた。今後はさらに現物を見て・触って・感じて・選べる移動スーパー「とくし丸」の運行を通じて、より多くの利用者に「お買い物」を楽しみを伝えていく。

KINSHO東湊店周辺で運行を開始する 移動スーパー「とくし丸」は、東湊店周辺エリアを週1・2回3ルート運行。食料品・生鮮食品・お惣菜・日用品などを販売する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る