Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

移動スーパー「とくし丸」 自慢のレシピ募る料理コンテスト実施2021年9月22日

一覧へ

オイシックス・ラ・大地の子会社で移動スーパーのプラットフォームを提供する株式会社とくし丸は、「とくし丸」の利用者から自慢のレシピを募る「とくし丸料理コンテスト」を開催。オイシックス・ラ・大地のレシピ監修チームから集まった有志メンバー「オイラ大地・良い献立伝え隊」の審査を経て受賞者が決まった。

大賞の「アジ(きずし)のたまご巻き」大賞の「アジ(きずし)のたまご巻き」

とくし丸は、全国で142社の地域スーパーと提携し、8月末時点で864台が稼働している。今年で3回目を迎える「とくし丸料理コンテスト」は、10万人以上の利用者から265のレシピが集まった。

「第3回とくし丸料理コンテスト」は目的として、(1)大切な家庭の味・料理を、次世代に継承、(2)とくし丸の利用客が主役となる企画、(3)できるなら、スーパーのお惣菜メニューとして採用してもらうの3つを掲げて実施。全国を走る移動スーパーとくし丸のお客に声をかけ、各地の食文化、工夫やアイデアがたくさん詰まったお料理レシピが集まった。

審査は、累計出荷食数9000万食を突破したミールキット「Kit Oisix」を開発する担当者を中心に審査員を募り、集まった有志メンバー「オイラ大地・良い献立伝え隊」が担当。審査対象は、大賞(1人)金賞(5人)銀賞(10人)銅賞(30人)入賞(100人)で、工夫・アイディア、地域性・ユニーク性 、再現しやすさ、こだわり・思いの4つの観点で審査し、レシピを再現。冊子用の料理スタイリング、撮影を行った。

大賞は和歌山県のJA紀州のとくし丸を利用する貴志さんが応募した「アジ(きずし)のたまご巻き」。JA紀州では貴志さんのレシピを惣菜として採用することが決まり、今秋から順次店頭で販売を予定している。大賞を受賞したメニューに審査員は「見た目が華やかで美しく、ハレの日にもピッタリですね。レモンや大葉の香り、玉ねぎの甘酢がアクセントで箸が進む一品」と讃えた。今回の参加年齢層は70〜80代が中心で、最年長は96歳。入賞者には賞状や副賞を贈ると、とても喜ばれたという。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る