JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

岐阜県ブランド米「龍の瞳」新米出荷に合わせ発送用ダンボールを一新2021年10月15日

一覧へ

株式会社龍の瞳は、岐阜県産ブランド米「龍の瞳」の新米出荷に合わせ、個人顧客やふるさと納税返礼品向けの発送用ダンボールのデサインを一新。「龍の瞳」の発祥地や栽培地の風景を描いた箱に作り手の想いを込めて新米を届ける。

岐阜県ブランド米「龍の瞳」新米出荷に合わせ発送用ダンボールを一新

下呂市ふるさと納税の2020年度、人気ナンバー1になった「龍の瞳」。新たな発送用ダンボール箱は、「龍の瞳」の発祥の地で栽培地である飛騨地方・下呂市のふるさとの魅力を全面フルカラーで華やかにデザインした。下呂市を縦断する飛騨川やJR高山線、豊かな山々や人々の営みなど、農薬を極力控えた「龍の瞳」が栽培される風土を緑を基調としたやさしい水彩画タッチのイラストで表現している。

「龍の瞳」は、自然の力を活かした栽培が特徴 。岐阜県基準の1/3程度の農薬使用量で育てた減農薬栽培や、栽培期間中農薬不使用、有機JAS栽培に取り組んでいる。ヨーロッパではすでに禁止されているネオニコチノイド系農薬を原則禁止し、ハーブを用いた虫よけや、化学肥料不使用、有機質肥料のみを使った米作りに取り組んでいる。

飛騨川沿いをJR高山線ワイドビューひだが走る様子飛騨川沿いをJR高山線ワイドビューひだが走る様子

岐阜県ブランド米 「龍の瞳」岐阜県ブランド米 「龍の瞳」

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る