おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「果汁工房果琳」などジュースバーで人気商品が期間限定で復活 青木フルーツ2022年6月24日

一覧へ

青木フルーツホールディングスが運営する「果汁工房果琳」などフルーツジュースバーは6月1日、1号店のオープンから20周年を迎えた。これを記念して、フルーツジュースバー全190店舗で周年祭を実施中。6月27日からは、周年祭企画第2弾として、社内アンケートでスタッフが選んだ人気商品6種類を3回の期間に分けて復活販売する。

「果汁工房果琳」などジュースバーで人気商品が期間限定で復活 青木フルーツ同社のフルーツジュースバーではこれまで、1号店の開業から20年間にわたり、様々な商品が登場。販売を終了した商品の中には、スタッフや利用者から人気の高い商品も多く、再販を求める声もあった。そこで20周年記念企画の第2弾として、フルーツジュースバー全店で働くスタッフを対象に実施した「過去販売した好きな商品」のアンケートで人気上位となった商品6種類を、3回に分け、2種類ずつ期間限定で復活販売する。

初回は、夏にぴったりのグレープフルーツを使った爽やかなドリンク「オレグレ」と「キウグレ」を販売。「オレグレ」は、目の前で搾る100%のオレンジ果汁とグレープフルーツ果汁をミックスし、オレンジのまろやかな甘さとグレープフルーツの爽やかな酸味を楽しめる。一方、「キウグレ」は、熟度管理した完熟キウイに100%グレープフルーツ果汁を合わせ、完熟のキウイを丸ごと食べているようなゴロゴロとした果肉の食感に、グレープフルーツの爽やかな酸味が絶妙な味わいで人気がある。

7月~12月の期間は、LINE@に友達登録している人を対象に、抽選で当たる「フルフルLINE@クーポン」を配信する。

【果汁工房果琳LINE@・PC】

【果汁工房果琳LINE@・スマートフォン】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る