2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

生産者が作った再エネ100%電気を使用「ポケマルでんき」開始 雨風太陽2022年7月28日

一覧へ

生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」を運営する雨風太陽は7月27日、株式会社UPDATERが手がける再生可能エネルギー事業「みんな電力」の媒介事業者として、個人向けに電気の販売を開始する。

生産者が作った再エネ100%電気を使用「ポケマルでんき」開始 雨風太陽

雨風太陽は、自然災害などによる生産現場の被害について情報発信しているが、このほど、気候変動の緩和に向けた具体的な取り組みとして、再生可能エネルギー100%の電気の販売を始めた。また、生産現場が受けている被害への対策として支援金を運用する。

同社は、約7000人の登録生産者と56万人のユーザを抱える産直アプリ「ポケットマルシェ」を通じて、生産地である地方と消費地である都市と生産者、消費者を「食」でつないできた。「ポケマルでんき」では、「食」と同様に生活に欠かせない「電気」をきっかけに、地方と都市をつなぐ新たな関係性を構築する。

「ポケマルでんき」は、 気候変動の影響を受けた生産者の支援が可能。電気代のうち毎月100円が、自然災害で被災するなど、気候変動等が原因で生産活動に影響を受けた生産者への支援金となる。支援金の運用にあたっては、社外の有識者が複数人参画する委員会を設置し、支援対象や使途の妥当性を判断する。

また、CO2を排出する火力発電等を含まず、太陽光、風力、水力、 地熱、バイオマス等の再生可能エネルギー100%で提供。価格は、大手電力会社と同様の燃料費調整額を採用しているため、電力市場に左右されにくい価格での提供できるが、大手電力同様、燃料費の価格変動が電気料金に影響を与える場合がある。

供給エリアは、北海道・北陸・沖縄・離島を除く全国。使用可能な電気には、ソーラーシェアリングを導入した生産者が作る電気も含まれる。食材を直接購入している生産者から電気も購入できるようになり、「誰から買っているのか」が可視化された消費行動を後押しする。

「ポケマルでんき」概要「ポケマルでんき」概要

【「ポケマルでんき」詳細・申し込み】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る