左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

生協宅配のラストワンマイルで地域貢献 フードドライブ30日から パルシステム埼玉2023年1月30日

一覧へ

生活協同組合パルシステム埼玉は1月30日~2月10日、宅配利用者へ未使用の食品提供を呼びかけるフードドライブを実施。食品は生協の商品配達時に回収し、ボランティアによる仕分け作業を経て、NPO法人フードバンク埼玉が生活困窮者支援に活用する。

フードバンク埼玉は、未利用の食品を活用し、必要とする人たちの手元に届けている。パルシステム埼玉は、同団体による生活困窮者支援と食品ロス削減の活動に賛同。年2回のフードドライブに取り組み、宅配利用者に家庭で眠っている食品の提供を呼びかける。商品の配達時に受け取り、集められた食品は、フードバンク埼玉が生活困窮者支援に活用する。

仕分け作業ボランティアの様子仕分け作業ボランティアの様子

フードドライブは、商品展示会などのイベント時や組合員活動施設「ぱる★てらす」でも常時受け付ける。2022年度は9月にも協力を呼びかけており、833.8キロの食品を回収した。配達時に手軽に参加できる社会貢献活動となる。

宅配利用者から寄せられた食品宅配利用者から寄せられた食品

フードバンクへの食品提供には、賞味期限や保管状態の確認と品目別の仕分け作業が必要であることから、パルシステム埼玉は、食品提供とあわせて仕分け作業ボランティアへの参加も利用者に呼びかけている。2022年度はこれまで累計68人が協力。今後も定期的にフードドライブへの協力を呼びかけ、地域団体と連携しながら社会貢献活動に取り組んでいく。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る