左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

福岡県行橋市の新名物に 農村地域発「海石榴の一途なカレー」発売2023年1月31日

一覧へ

福岡県行橋市は、新たな名物として農村地域発のレトルトカレー「海石榴の一途なカレー」を開発。1月29日から行橋駅構内にある行橋市観光物産情報コーナーで販売している。

ネオクラシックをテーマにデザインされた「海石榴の一途なカレー」のパッケージネオクラシックをテーマにデザインされた「海石榴の一途なカレー」のパッケージ

「海石榴の一途なカレー」は、行橋市が農事組合法人下崎・長尾・鳥井原営農組合、株式会社あらいのフードコンサルタント総括料理長・藤原秀夫氏、西南女学院大学人文学部観光文化学科の学生、株式会社オリエンタルコンサルタンツの6者が協同して開発された。

地元野菜のにんじん、玉ねぎと行橋市特産の「いちじくジャム」、福岡県のブランド鶏であるはかた一番どりを贅沢に使ったトマトベースのチキンカレーで、丸1本入った手羽元が味に深みを出している。地元野菜や「いちじくジャム」の甘味と「博多一番どり」のうまみが融合し、子どもからお年寄りまでおいしく食べられるように仕上げた。

また、ネオクラシックがテーマのパッケージは、若い世代の学生が、「どこか懐かしさを感じられる」、「原色に近い色を使うことでSNSでの『映え』を狙える」などの観点からデザイン。行橋市と福岡県の魅力を詰め込んだ贅沢な逸品に仕上がった。行橋市ふるさと納税返礼品として申込を受付中。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る