左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
日本曹達 231012 PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

イズミと共同キャンペーン実施 買い物を通じて循環型農業の取り組み推進 サラダクラブ2023年2月1日

一覧へ

サラダクラブとスーパーマーケットチェーンを展開するイズミ(広島県広島市)は2月1日~28日、「イズミ×サラダクラブ共同企画 サラダクラブ商品を買って農業体験に参加・ゆめかチャージをゲットしよう!」キャンペーンを実施。イズミが進める「youme MIRAI Action」として、イズミグループ全187店舗で展開する。

イズミと共同キャンペーン実施 買い物を通じて循環型農業の取り組み推進 サラダクラブ

この取り組みでは、BIPROGYが提供する「ソーシャルアクションプラットフォームBE+CAUS(ビーコーズ)」を活用。イズミで購入された対象商品の売り上げの一部が循環型農業を推進するNPO法人「循環生活研究所」へ寄付される。さらに、キャンペーン参加者の中から抽選でサラダクラブの契約産地での農業体験に招待し、コンポスト体験キットをプレゼントする。いつもの買い物を通じて、循環型農業の取り組みを気軽に支援でき、実際の体験を通じて学ぶことができる。

イズミと共同キャンペーン実施 買い物を通じて循環型農業の取り組み推進 サラダクラブサラダクラブは、工場で発生する野菜の未利用部(芯や外葉等)を堆肥の材料にして契約産地で活用する循環型農業を進めている。この他に、パッケージサラダの鮮度保持技術による消費期限延長を実現し、店頭や自宅での期限切れ廃棄を減らす取り組みや、野菜の豊作時にパッケージサラダの増量企画を実施するなど、畑での野菜廃棄削減に取り組んでいる。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る