人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

6月の外食・中食レポート 2019年比0.7%減 再びコロナ禍前比マイナスに転じる2023年8月9日

一覧へ

外食・中食市場情報サービス「CREST」を提供するエヌピーディー・ジャパンは8月8日、外食・中食市場の6月の動向分析レポートを公表した。

同レポートによると、6月はGWのあった前月の5月と比べ外食業態で客数が後退した。6月の外食・中食市場の売上は2019年同月比0.7%減で、客数は同8.0%減、客単価は同8.0%増。全業態計イートイン売上は2023年6月に同12.4%減で、前月比4.0ポイント減だった。出前(デリバリー)は、6月の売上が2019年同月比で156%増だった。

業態別・利用形態別の6月の売上で2019年同月比は、外食・中食全体のイートインは12.4%減と前月比4.0ポイント減。テイクアウト・出前は、15.7%増で、その他フルサービス(同32%増)が引き続き好調だった。

外食業態計(レストラン計)の出前(デリバリー)売上で2019年同月比は、プラス成長が続く。デリバリー増加のピークは2020年5月の204%増だが、その後も2ケタ増が続いている。2023年6月は2か月連続の3桁増で、同156%増。

エヌピーディー・ジャパン フードサービスシニアアナリストの東さやか氏は今後の展望について、「消費者の意識と行動は"通常"に戻っているが、テレワークは定着し、引き続き外食・中食の機会は減少したまま。GWなど特別な機会には財布のひもがゆるみ、外食・中食も回復したが、6月の通常の生活に戻ると、また後退したことから、生活様式の変化と日常消費の節約が今後も外食・中食市場に影響し、コロナ前と同じ市場に戻ることは当面ないといえる。今後、イートインの回復が進むが、テイクアウト・デリバリーは、今後も大きく減少せず、定着すると考えられる」とコメントしている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る