左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「第23回東京砧花き全国品評会」開催 農林水産大臣賞など決定2023年12月8日

一覧へ

オークネット子会社の東京砧花き園芸市場は11月27日と12月4日、高品質な花きを表彰する「第23回東京砧花き全国品評会」を開催。最優秀賞の「農林水産大臣 宮下一郎賞」をはじめ、「文部科学大臣 盛山正仁賞」、「オークネット会長賞」など各賞が決まった。

農林水産大臣賞農林水産大臣賞

「東京砧花き全国品評会」は、冬に本格出荷を迎える「洋ラン」「ポインセチア」と「シクラメン」を対象に、花き生産者の生産意欲・品質向上および消費拡大を目的として行われる品評会。大手園芸店のバイヤーなどが審査員を担当し、商品の完成度や商品性を主眼に審査が行われる。今回は、日本全国の生産者から選りすぐりの商品348点(シクラメン162点、ポインセチア76点、洋ラン110点)が出品された。

文部科学大臣賞文部科学大臣賞

今年は例年を上回る夏季の猛暑が影響し、多くの植物が生育、開花の遅れなど全国的に生産農家が苦労する中、11月27日には「洋ラン」「ポインセチア」、12月4日には「シクラメン」の品評会を実施。出展された商品には苦労の痕が見えながらも、作り手によって厳選された見事な商品が全国から集まり、品評会翌日の大市においてもギフトシーズンを目前に高値で取引が行われた。

また、今回は初めての試みとして世田谷市場イベントとコラボレーションし、「洋ラン」「ポインセチア」品評会の出展商品を一般消費者に公開し、人気投票を実施。結果は、プロの審査員の審査結果と併せて砧花きホームページで公開している。

「第23回東京砧花き全国品評会」結果「第23回東京砧花き全国品評会」結果

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る