人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

豪雪地帯ならではの雪を活用 JAみちのく村山「雪室米」ふるさと納税に出品 山形県村山市2024年4月15日

一覧へ

山形県村山市は、ふるさと納税の返礼品としてJAみちのく村山の「雪室米」を出品。豪雪地帯ならではの雪を、自然エネルギーとして活用して保存したお米で、新米の時期ではない春に"新米"が食べられることから、4月は特に人気を集めている。

村山市近辺は毎年1~2メートルほどの積雪がある地域。JAみちのく村山の「雪室米」は、地元の人たちが生活するにはやっかい極まりないこの雪を農業に利用できないかと考えたところから始まった。1997年からは、雪氷冷熱エネルギーを活用した「村山市雪室施設」にて保管した「みちのく雪むろ米」を販売。2003年には当時、本州最大とされた「零温雪室倉庫」を建設するなど、米穀市場で高評価を得ている。

JAみちのく村山の雪室は、倉庫に1500トンの雪を入れ、隣接したもう1つの倉庫に秋に収穫した新米を貯蔵。2つの倉庫は上部がつながっており、空気が循環しており、米を保管する倉庫は、温度が常に5℃に、また湿度も75%に保たれる。古米臭の原因とされる脂肪酸度の上昇が抑制されるため、新米同様の食味と香りを長期間維持できる。食味官能試験でも、粘り、柔らかさなどの項目で、通常の低温倉庫で保管した米を上回った。

JAみちのく村山 経済部特販センター長兼産直課長の二藤部直哉さんは、「近年SDGsが叫ばれているが、JAみちのく村山は30年ほど前から、"やっかいもの"とされる自然の氷雪を天然資源として利活用し、おいしい米をさらにおいしく消費者に届けるための知恵を育んできた。今後も豪雪地域の特色を活かして、また社会全体の持続可能な開発目標と歩調を合わせながら、この地域ならではの特産品を届けていきたい」と話している。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る