生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

森和夫さんが金! 世界土壌微生物オリンピック2015年12月22日

一覧へ

 (一社)SRIと石坂産業(株)は12月11日、東京ビッグサイトで第1回世界土壌微生物オリンピックの結果発表会とシンポジウムを開催した。水田部門・金は森和夫さんだった。

土壌オリンピックの表彰式 オリンピックでは土の土壌微生物の性質を数値化した分析結果と土作りへの取組みを競う。
 水田部門で金を受賞した森和夫さんの土は、三重県志摩市の伊雑宮(伊勢神宮の内宮の別宮)の御神田(おみた)。神話の時代から続く水田の生物的豊かさ(多様性と有機物分解能)が現代においても最も豊かであること、そしてそれが最先端の科学技術の力によって証明されたというストーリー性が評価された。
 当日は表彰式の他、「TPPに打ち勝つ日本初『土壌微生物革命』シンポジウム」が開かれた。
 その他の受賞者については以下の通り(敬称略)。
受賞者ら【水田部門】
▽金:伊稲野会 森 和夫
▽銀:大澤静雄
▽銅:(株)おきたま興農舎 吉田正行
【畑作部門】
▽金:全国ER研究会連合会 板倉鋼次
▽銀:青木 博
▽銅:正木好次
【施設園芸部門】
▽金:いせや農園
▽銀:北川清生
▽銅:有限会社 里源
(写真)土壌オリンピックの表彰式、受賞者ら 写真提供:野口昌克/ORGANIC VISION

(関連記事)
土壌の豊かさ競う 初の世界土壌微生物オリンピック開催へ (15.09.04)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る