Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「特許プール」に加盟表明 サカタのタネ2016年11月10日

一覧へ

 (株)サカタのタネは11月8日、野菜品種の特許を中心としたパテントプール(特許プールともいい、特許権者などがそれぞれの特許を持ち寄って構成するコンソーシアムの一種)を組織するオランダの民間団体「インターナショナル ライセンシング プラットフォーム ベジタブル(International Licensing Platform Vegetable)」に加盟することを公表した。

 同団体のメンバーは、互いの野菜の品種開発に関する特許にアクセスしやすくなり、特に商品化されている品種の「品種特許」は新たな品種の育成に自由に利用できる。また形質に関わる特許(形質特許)を利用者間の交渉次第でリーズナブルな使用料で利用できるようになる。同社はこの利用を通じて研究活動の活性化を図る。
 このパテントプールは、野菜の育種に欠かせない素材をカバーした特許などを扱うものとしては世界でも最大規模で、野菜の品種を扱う種苗会社の多くが加盟している。同社が加入すると、合計で13社となる。
 11月14日、オランダで開かれる同団体の総会で、参加を正式に決定する予定。

(サカタのタネの関連記事)
トルコギキョウ新品種 グリーンの花材にも サカタのタネ (16.11.01)

品種開発の促進を狙い フランス研究施設増強 サカタのタネ (16.10.21)

夏の暑さに強いトルコギキョウ サカタのタネ (16.10.17)

ペチュニア新シリーズ 初恋・夕焼け・夜空のパレット サカタのタネ (16.10.14)

400年続く農園の焼きいも 16日に横浜で (16.10.13)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る