Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

品種開発の促進を狙い フランス研究施設増強 サカタのタネ2016年10月21日

一覧へ

 (株)サカタのタネは10月19日、フランス南部ガール県ウショーにある研究開発拠点「ウショー研究農場」に新たな研究施設を開設した。欧州・中東・アフリカ(EMEA)圏での開発拠点で、野菜の新品種の開発や試作評価などを行う。

新設された研究施設 開設したのは「サカタ・ベジタブルズ・ヨーロッパ(SVE)」で、欧州戦略の中核拠点を担うEMEA圏で最大の同社子会社。圏内での営業、マーケティング、物流、研究開発、種子生産や加工などを行っている。
 今回、この敷地内に新施設を増強のため建設。1階建てで延べ床面積は約1400平方メートル、投資額は約280万ユーロ。この施設で、食味の改良や耐病性育種の研究を植物病理学や育種工学技術などを使いさらに充実させ、品種開発を促進していく。主な育種品目はメロン、トマト、ピーマン類となる。
(写真)新設された研究施設

(サカタのタネの関連記事)
夏の暑さに強いトルコギキョウ サカタのタネ (16.10.17)

ペチュニア新シリーズ 初恋・夕焼け・夜空のパレット サカタのタネ (16.10.14)

400年続く農園の焼きいも 16日に横浜で (16.10.13)

10月14・15日 横浜でイベント ハロウィーンをヒマワリで (16.10.11)

アリスの世界をトルコギキョウで 神奈川・相模原公園 (16.10.04)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る