左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アスパラガス茎枯病に抵抗性をもつ遺伝子特定2017年6月12日

一覧へ

 東北大学大学院生命科学研究科の菅野明准教授のグループは農研機構などと共同研究し、アスパラ茎枯病の抵抗性に関与する遺伝子群を特定したとこのほど発表した。これまで薬剤防除に頼っていた同病の抵抗性をもつアスパラガスの品種育成に貢献すると期待される。

自生するハマタマボウキ「東北大学大学院生命科学研究科 菅野明 准教授提供」 アスパラガス茎枯病は現在、抵抗性の品種が食用アスパラガスになく、薬剤防除に頼っている。同病は西南暖地の露地栽培を壊滅状態に追い込んだ難防除病害。
 今回、食用アスパラガスの近縁種で、日本固有種のハマタマボウキ(九州北部の砂浜に自生し、アスパラガスと容易に交雑可能)が、同病の抵抗性を持っていることがわかった。菅野准教授らは、これを用い、茎枯病抵抗性に関与する遺伝子群を特定した。
 この研究で世界初の茎枯病抵抗性アスパラガス品種の育成への貢献が期待されている。また、抵抗性をもつ品種が育成された場合、現在使われている殺菌剤の使用回数を減らすことができ、国産アスパラガスの生産コストと生産労力を劇的に削減できる可能性がある。
 菅野准教授らのグループは、農研機構、香川県農業試験場、九州大学大学院農学研究院、九州大学熱帯農学研究センターと共同開発した。
(写真)自生するハマタマボウキ「東北大学大学院生命科学研究科 菅野明 准教授提供」

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る