栽培技術 ニュース詳細

2018.12.28 
農業分野のデータ契約でルール策定 農水省一覧へ

 農水省は12月26日、「農業分野におけるデータ契約ガイドライン」を策定した。

農業分野におけるデータ契約ガイドラインの概要 契約累計を3つに整理し、それぞれについて、法的論点等とともにモデル契約書等を整理(1)「データ提供型」契約 (2)「データ創出型」契約 (3)「データ共用型」契約

(上の画像をクリックすると大きな画像が表示されます。)

 

 農業分野において、今後データ利活用の加速度的な拡大が見込まれ、農業現場の実態に沿ったデータの提供・利活用のルールを整備する必要があった。農水省は、「農業分野におけるデータ契約ガイドライン検討会」で議論を行った結果、経済産業省で策定された「AI・データの利用に関する契約ガイドライン(データ編)」踏まえつつ、指針を取りまとめた。
 同ガイドラインは、データ契約を「データ提供型」、「データ創出型」、「データ共用型(プラットフォーム型)」の3つの類型に整理した上で、類型毎に契約条項例や主な法的論点等を説明している。
 詳細は、農業分野におけるデータ契約ガイドラインをご覧ください。

 

(関連記事)
30年産加工用米が契約出来ない大手実需者(18.05.22)
コメ播種前契約 価格決定は「契約締結時」57%-農水省調査(18.04.10)
事前契約・買取販売を拡大-29年産水田農業方針(17.01.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ