栽培技術 ニュース詳細

2020.02.26 
スマート農業技術 最新動向を紹介 関東農政局一覧へ

 関東農政局は3月16日、野菜生産におけるスマート農業をはじめとする新技術の導入による生産性の向上」をテーマに「野菜振興セミナー ~スマート農業の推進~」をさいたま市のさいたま新都心合同庁舎2号館で開催する。

 次世代施設園芸(大規模施設園芸)の普及及び実需者のニーズに対応した加工・業務用野菜への取組を促進し、野菜の生産・供給体制のより一層の基盤強化を図る。

 千葉大学大学院園芸学研究科の丸尾達教授による、「スマート農業をはじめとする最新の施設園芸の動向について」と題すた講演をはじめ、さまざまな事例を紹介する。参加費無料。

<開催概要>
日時:3月16日 13時から16時

場所:さいたま新都心合同庁舎2号館5階 共用中研修室5B

内容
(1)基調講演
「スマート農業をはじめとする最新の施設園芸の動向について」(仮) 千葉大学大学院 園芸学研究科 教授 農学博士 丸尾達氏

(2)事例紹介
・多様な品目への高度環境制御等の導入による生産性向上の取組について(静岡県経済産業部農業局農芸振興課野菜振興班 班長 杉山恵太郎氏)
・水田転換畑におけるスマート農業技術の活用について(群馬県明和町新しい野菜産地づくり協議会 代表 黒澤泰幸氏

(3)その他、意見交換等

募集定員:100人程度(定員になり次第締め切り)
申込方法:参加希望者はインターネットの下記URLから3月12日17時までに申し込む。
◎インターネットによる申し込み先
【「野菜振興セミナー ~ スマート農業の推進 ~ 」の開催について】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ