BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ネギハモグリバエB系統 県内で新発生 愛媛県2021年12月6日

一覧へ

愛媛県病害虫防除所は、ネギハモグリバエB系統(Liriomyza chinensisKato)の発生を県内で初めて確認。これを受け、12月1日に病害虫発生予察特殊報第3号を発令した。

白化症状が確認されたネギハモグリバエ(B系統)の被害(写真提供:愛媛県病害虫防除所)白化症状が確認されたネギハモグリバエ(B系統)の被害(写真提供:愛媛県病害虫防除所)

9月に西予市の露地ネギ栽培圃場で、ハモグリバエ類による著しい食害痕や葉の白化症状が確認された。被害状況は従来のネギハモグリバエ(A系統)と異なり、他都府県で発生が認められているネギハモグリバエ別系統(B系統)に類似。国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜花き研究部門に遺
伝子解析による同定を依頼したところ、同県では初確認となるB系統であると確認された。これを受け、9月以降、県内のネギにおいて被害状況を調査したところ、各地で同様の被害が確認された。

B系統の発生は、1990年に京都府で初めて確認されて以降、茨城県、富山県、千葉県、長野県、埼玉県、新潟県、栃木県、三重県、滋賀県、大阪府、愛知県、東京都、佐賀県、岐阜県、鳥取県、兵庫県、岩手県、秋田県、福島県、鹿児島県、福岡県、山形県、宮城県、大分県、青森県、山口県および島根県の28都府県で確認されている。

ネギハモグリバエ(B系統)の幼虫(写真提供:愛媛県病害虫防除所)ネギハモグリバエ(B系統)の幼虫(写真提供:愛媛県病害虫防除所)

害虫の特徴として、B系統はA系統に比べ、1葉当たりの寄生幼虫数が多く、集中的に加害する傾向にある。また、B系統による初期の食害は、A系統と同様に不規則な白線状だが、食害が進むと近接した複数の食害痕が癒合し、葉が白化する。B系統の寄主範囲は解明されていないが、A系統はねぎの他、たまねぎ等のネギ属植物を加害する。

ネギハモグリバエ(B系統)成虫(写真提供:愛媛県病害虫防除所)ネギハモグリバエ(B系統)成虫(写真提供:愛媛県病害虫防除所)

B系統はA系統と形態的な差異が認められず、外観による識別は困難。幼虫はうじ虫状で、成長すると体長約4ミリに達する。蛹は体長約3ミリの褐色、俵状。成虫の体長は約2ミリで胸部と腹部は黒く、その他の部分は淡黄色。両系統とも成虫は葉の組織内に産卵し、ふ化した幼虫は葉の内部に潜り込んで葉肉を食害する。幼虫は成長すると葉から脱出し、地表又は土中で蛹になる。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇ネギハモグリバエまたはハモグリバエ類に適用のある薬剤により、発生初期の防除を徹底する。なお、薬剤抵抗性害虫出現防止のため、同一系統薬剤の連用を避ける。

〇被害葉および収穫残渣は発生源となるため、圃場に放置せず適切に処分する。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る