2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

トマト立枯病 西濃地域で確認 岐阜県2022年2月1日

一覧へ

岐阜県病害虫防除所は、トマト立枯病の発生を西濃地域で確認。これを受け、1月26日に病害虫発生予察特殊報第4号を発令した。

地際部の発病

地際部の発病(写真提供:岐阜県病害虫防除所)

近年、西濃地域の養液栽培トマト施設で地際部の茎等が褐変腐敗する症状が認められたため、同防除所は前作でこの症状が確認された5件の養液栽培施設で調査したところ、2021年10~11月に4件のほ場でこの症状の発生が確認された。罹病部から分離した菌株について岐阜県農業技術センターにおいて遺伝子解析を行った結果、Fusariumsolani-melongenae(Haematonectriaipomoeae)が検出され、トマト立枯病であると確認された。

土耕栽培施設での発生と異なり、養液栽培施設では葉かき跡からの発病が多く見られ、ポットの不織布や誘引クリップとの接触部位、捻枝による傷口からの発病も確認された。また、養液栽培施設では、2021年11月に発病株率が50%を超えるほ場も見られた。

なお、土耕栽培施設では2004年に同病の発生を確認したが、その後、顕著な被害は認められていない。同病は1990年に愛知県で初めて確認され、1999年に宮崎県、2021年に広島県と三重県で発生が報告されている。

罹病部に形成された子のう殻罹病部に形成された子のう殻(写真提供:岐阜県病害虫防除所)

同病は、地際部や葉かき跡を中心に茎が黒く変色し、ひび割れ症状が見られる。茎内部まで症状が進行すると、株全体が萎れ、枯死する。罹病部表面に赤い子のう殻を多数形成している場合がある。
詳しい伝染経路は不明だが、罹病残渣に付着している病原菌が伝染源となり、飛散した分生子や子のう胞子の付着により感染を引き起こすと考えられる。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇発病株は伝染源となるため、直ちに抜き取り、袋に密閉して速やかにほ場外へ持ち出し処分する。

〇土耕栽培では定植前に太陽熱利用等による土壌消毒を実施し、養液栽培では生産資材の交換や消毒を実施する。

〇栽培終了時には植物残渣などを残さないようにし、施設内の衛生管理に努める。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る