おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

りんごに黒星病 早期感染が懸念 天候に注意し適期防除を 岩手県2022年4月6日

一覧へ

岩手県病害虫防除所は、りんごに黒星病の発生を県下全域で確認。これを受け、4月4日に病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

果そう葉の葉裏病斑(左)、果実病斑(写真提供:岩手県病害虫防除所)果そう葉の葉裏病斑(左)、果実病斑(写真提供:岩手県病害虫防除所)

りんごの生育が進んでおり、黒星病の早期感染が懸念される。前年発生量は平年より多く、今年の伝染源密度は前年発生地域で特に高いと考えられる。近年は、同病の感染に好適な気象条件が開花始よりも早く出現し、散布適期を逃す年が続いている。

3月31日時点で発芽予測日は、県平均で4月5日(平年4月7日)で、平年よりやや早いと見込まれる。仙台管区気象台の3月31日発表によると、向こう1か月の気温は平年より高く、早期感染が起こりやすい状況にある。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇重点防除時期である開花7~10日前及び開花直前に、EBI剤もしくはカナメフロアブルを散布する。なお、両剤は降雨直後に散布すると効果的。

〇散布ムラが無いように十分量を丁寧に散布する。

〇耐性菌の発達を防ぐため、落花期以降は黒星病を対象としたEBI剤やSDHI剤の使用を避ける。

〇発病葉や発病果は二次伝染源となるため、速やかに摘み取って園地外へ持ち出し、地中に埋没させる等して処分する。

〇苗木を定植する際は、頂芽のりん片で越冬している可能性があるため、必ず頂部を切り返す。

〇苗木及び未結果樹も成木と同様に防除を徹底し、発病葉は速やかに摘み取って処分する。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る