おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

キク小斑点病 キクの葉での病徴は国内初の確認 耕種的防除を 佐賀県2022年5月24日

一覧へ

佐賀県農業技術防除センターは、キク小斑点病(Stemphylium lycopersici)の発生を県内のキク栽培ほ場のキクの葉で病徴を確認。これを受け、5月20日に病害虫発生予察特殊報第1号を発令した。

キク栽培ほ場で確認した褐色の輪紋症状(A、B)および葉縁部が褐色に枯れる症状(写真提供:佐賀県農業技術防除センター)キク栽培ほ場で確認した褐色の輪紋症状(A、B)
および葉縁部が褐色に枯れる症状(写真提供:佐賀県農業技術防除センター)

2021年2月に、佐賀県内でキク(品種:精の一世)を栽培している施設ほ場で、葉に褐色の輪紋や葉縁部が褐色に枯れる症状が確認された。当該株を採取し、農林水産省門司植物防疫所に同定依頼した結果、Stemphylium lycopersiciによるキク小斑点病であることが判明した。

キク小斑点病の病徴は、キクの花弁に小さな円形斑を生じることが知られている。しかし、Stemphylium lycopersiciによるキクの葉での病徴は、これまで日本国内では報告されていない。

同病菌はトマト斑点病、トルコギキョウ褐斑病を引き起こし、これらの茎葉には病斑が形成されることが知られている。また、葉に褐色の輪紋や、葉縁部が褐色に枯れる症状がみられる。なお、同病菌をキクの葉に噴霧接種した試験では、接種5日後に、暗褐色で不整形の病斑が再現されている

佐賀県内の罹病株から分離した Stemphylium lycopersici の分生子(A、B)および接種試験で再現されたキク小斑点病の病徴(C、D)(写真提供:佐賀県農業技術防除センター)佐賀県内の罹病株から分離した Stemphylium lycopersici の分生子(A、B)
および接種試験で再現されたキク小斑点病の病徴(C、D)(写真提供:佐賀県農業技術防除センター)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇現在、キク小斑点病に対する登録農薬はないため、耕種的防除を行う。

〇罹病葉や罹病残渣は伝染源となる恐れがあるため、ほ場外へ持ち出して適切に処分する。

〇ほ場内の排水対策を徹底する。また、施設内が多湿にならないよう、適宜換気を図る。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る