秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

2022年度研修No.13「果樹の根域制限栽培」開催 千葉大学植物工場研究会2022年11月17日

一覧へ

千葉大学のNPO植物工場研究会は12月22日と23日の2日間、2022年度植物工場研修No.13「果樹の根域制限栽培-果樹にも人にも無駄のない日射比例式かん水法-」を千葉大学環境健康フィールド科学センターで開催する。

ポットや盛り土等による根域制限栽培は、樹勢制御が容易になり、花芽が着きやすくなることから、栽培経験が少なくても比較的取り組みやすい果樹の栽培方法。同研修では、イチジクの養液栽培技術とブドウのポット栽培を事例に、イチジクおよびブドウの生理生態的特性や新梢管理、繁殖法について学ぶ。さらに根域制限栽培で最も重要なポイントとなるかん水管理とその制御法および制御装置について、講義と実習を通して学ぶことができる。

同講座では、果樹の養液栽培や根域制限栽培をするうえで基本の技術や背景となる理論、植物の特性を理解し、栽培管理に応用できる人材を育成する。

◎主なカリキュラム
・千葉大式イチジクの超密植根域制限養液栽培
・イチジク養液栽培およびブドウのポット栽培の栽培システム
・イチジクの養液栽培のための挿し木実習
・ブドウの根域制限栽培
・日射比例式かん水法
・日射比例式かん水装置の作成実習

<開催概要>
開催日:12月22日~12月23日
受講場所:千葉大学環境健康フィールド科学センター 植物工場研修棟A棟1階 研修室
費用:4万4000円/人(消費税、教材費等込)
募集人数:20人程度
申込方法:ホームページの申込専用フォームから
応募締切:12月16日※定員に達し次第締切

【募集要項】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る