左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

【注意報】コムギにうどんこ病 県内全域で多発のおそれ 愛知県2023年5月8日

一覧へ

愛知県農業総合試験場環境基盤研究部病害虫防除室は、コムギにうどんこ病が県内全域で多発のおそれがあるとして、4月28日に令和5年度病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

4月下旬に県内10地点、20ほ場で実施した巡回調査においてムギ類うどんこ病の発病茎率が27.25%(平年7.42%、前年0.00%)と過去10年で最も高く、発生ほ場率が55.0%(平年19.5%、前年0.0%)と過去10年で2番目に高かった。また、一部ほ場では、上位葉や穂に進展が確認されている。

3月下旬に同病の初発を確認しており、例年に比べて早い。愛知県のコムギの主力品種である「きぬあかり」は、「農林61号」と比較してムギ類うどんこ病にやや弱い。

同防除室では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇葉色が濃いところ、倒伏しているところでは、うどんこ病が発生している可能性が高いため、特に注意する。

〇穂および止葉を含む上位2葉に多発すると、千粒重が低下する。上位葉に病斑の進展がみられる場合は、下表を参考に防除を行う。なお、ムギ類赤かび病の防除を兼ねて、赤かび病とうどんこ病の両方に適用のある薬剤を選択する。

〇同病の病斑は、下葉から発生し、上位葉に進展するため、下位葉に届くように薬剤を散布する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る