左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
三井物産アグロビジネス SP 122601
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

【特殊報】ウメにモモヒメヨコバイ 県内で初めて確認 茨城県2023年12月4日

一覧へ

茨城県病害虫防除所は、ウメにモモヒメヨコバイの発生を県内で初めて確認。これを受けて、11月30日に令和5年度病害虫発生予察特殊報第3号を発令した。

ウメの被害樹・葉のカスリ症状(写真提供:茨城県病害虫防除所)写真1:ウメの被害樹(左)、写真2:葉のカスリ症状(写真提供:茨城県病害虫防除所)

茨城県病害虫防除所によると、9月に県内のウメ園で葉のカスリ症状が認められ(写真1、2)、症状が見られ、葉にはヨコバイ類の寄生が確認された(写真3)。

ウメの葉に寄生した成幼虫および脱皮殻(写真提供:茨城県病害虫防除所)写真3:ウメの葉に寄生した成幼虫および脱皮殻(写真提供:茨城県病害虫防除所)

ウメ葉の被害と採集したこの虫の外観が、他都府県で近年発生が認められているモモヒメヨコバイと類似していたことから、横浜植物防疫所に同定を依頼したところ、モモヒメヨコバイと判明した。

同種は沖縄県での分布が確認されていたが、2019年に和歌山県で確認されて以降、計23都府県で発生が確認されている。同種は、国内ではウメ、モモ、スモモ、アンズ、オウトウ、ハナウメ、ハナモモ等のバラ科植物を加害することが報告されている。

写真4:モモヒメヨコバイの成虫(頭頂部の黒点)(写真提供:茨城県県病害虫防除所)写真4:モモヒメヨコバイの成虫(頭頂部の黒点)(写真提供:茨城県県病害虫防除所)

成虫の体長は3.0~3.5ミリ。体色は黄緑色、複眼は黒色で、頭頂部に特徴的な黒点(写真4)がある。若齢幼虫の体色は薄い黄色で、終齢幼虫になるにつれて成虫と同じ黄緑色になる。

被害の特徴として、成虫および幼虫が葉に寄生し、吸汁加害することで葉色が徐々に薄くなる。葉全体が吸汁されるとカスリ症状が生じる。なお、被害が見られる葉の裏側には幼虫の脱皮殻が付着していることが多い。また、激しく吸汁加害された葉は早期落葉することがある。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇同種の発生・被害の早期発見に努め、確認された場合は速やかに寄生葉ごと除去し、圃場外へ持ち出して適切に処分する。

〇ウメまたは小粒核果類ではモモヒメヨコバイに登録のある薬剤を使用する(表1、2)。

表1

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る