左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

【特殊報】ナスにフタテンミドリヒメヨコバイ 県内で初めて確認 岡山県2024年1月15日

一覧へ

岡山県病害虫防除所は、ナスにフタテンミドリヒメヨコバイの発生を県内で初めて確認。これを受けて、1月4日に令和5年度病害虫発生予察特殊報第1号を発令した。

黄化・萎縮した被害葉(写真提供:岡山県病害虫防除所)図1:黄化・萎縮した被害葉(写真提供:岡山県病害虫防除所)

岡山県病害虫防除所によると、2023年11月に県南部の施設ナスほ場において、葉が黄化、萎縮、奇形を呈する症状が確認され、被害葉上にて翅末端に一対の黒点があるヨコバイが確認された(図1~3)。ほ場から虫体を採集し、農林水産省神戸植物防疫所に同定依頼したところ、岡山県ではこれまで未確認のフタテンミドリヒメヨコバイであることが判明した。

図2:生長点の奇形(写真提供:岡山県病害虫防除所)図2:生長点の奇形(写真提供:岡山県病害虫防除所)

国内ではこれまでに、沖縄県のオクラで発生が確認されているほか、2005年に東京都小笠原諸島のナス、オクラ、ハイビスカス、2020年に熊本県のオクラ、2021年に高知県のナス、2022年に徳島県のオクラ、2023年に宮崎県のオクラでの発生が確認されている。

成虫は体長2.7~3.2ミリ。頭胸部は黄緑色で、翅の末端近くに一対の黒点がある。終齢幼虫は体長2.4~3.2ミリ。全身がほぼ黄緑色で、翅芽(翅原基)に一対の黒点がある。

同種は年間で7世代発生するとされており、沖縄での発生は5~10月で、特に7~8月に多発する。雌成虫は、葉脈に黄白色の卵を一度に15卵ほど産卵する。卵はふ化直前に灰色がかった黄色になる。卵は4~11日でふ化し、幼虫期間は7~21日、成虫の寿命は35~50日。幼虫、成虫ともに新葉や茎から吸汁する。葉の黄化、萎縮、奇形を呈し、成長が抑制される。

図3:フタテンミドリヒメヨコバイの成虫(写真提供:岡山県病害虫防除所)図3:フタテンミドリヒメヨコバイの成虫(写真提供:岡山県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇現時点で、ナスにおいてフタテンミドリヒメヨコバイに適用登録のある農薬はない。

〇成虫の侵入を防ぐために、開口部に2ミリ目以下の防虫ネットを設置する。

〇収穫残さは発生源となるため、収穫後は圃場外の土中に埋没するなど、早期に適切に処分する。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る