人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

JAさがえ西村山、JAはが野と連携 バイオスティミュラントの圃場検証開始 AGRI SMILE2024年2月1日

一覧へ

AGRI SMILEは、JAさがえ西村山(山形県市寒河江市)、JAはが野(栃木県真岡市)の各JA管内で、バイオスティミュラント資材を活用した圃場検証を開始。この活動は農林水産省の「グリーンな栽培体系への転換サポート」事業に採択されている。

JAさがえ西村山、JAはが野と連携 バイオスティミュラントの圃場検証開始 AGRI SMILE

AGRI SMILEは、化学肥料の使用量低減が可能な農業資材「バイオスティミュラント」の活用を推進。特に、食品残渣を原料として開発されたバイオスティミュラント資材は、フードサプライチェーンの食品廃棄問題を解決しながら農業生産量の拡大や化学肥料の使用量低減につながることから、脱炭素社会と環境保全型農業の実現が両立できる画期的な生産技術として注目されている。

山形県のほぼ中央に位置し、"日本一さくらんぼの里"として知られるJAさがえ西村山では、異常気象の影響などにより、さくらんぼについては降霜被害や結実が不安定となるなど被害が発生。このほか、水稲では登熟期の高温・低温による品質・収量低下、なすは連作障害(半身萎凋病)、りんごは実割れや着色不良などの被害が発生している。

一方、栃木県の南東部に位置するJAはが野は、日本一の生産量を誇るイチゴ「とちおとめ」をはじめ園芸作物や、米穀類の生産が大変盛んな地域。主力品目のイチゴの新品種については、収量は多いものの化学肥料の成分である窒素吸収量も多いため、昨今の化学肥料の価格高騰を受け、化学肥料の低減に向けた取り組みが課題となっている。また、玉ねぎ産地では連作や堆肥過剰施用による生産性低下や病害発生、アスパラガスは茎枯病や斑点病等が生じており、これらへの対処も急務となる。

今回の取組でAGRI SMILEは、JAさがえ西村山およびJAはが野と、減肥区においても作物の収量を維持できることや作物障害を減らすことを目的に、以下の内容でバイオスティミュラント資材の圃場検証を始めた。

◎検証内容
・減肥条件(慣行区または減肥区)とバイオスティミュラント資材施用の有無を掛け合わせた試験区を設け、各試験区の収量・品質・生育を比較検証する。

・生育評価や、植物元素解析・土壌菌叢解析等のバイオインフォマティクスによる評価を踏まえ、減肥下でも収量や品質が低下せず、維持または向上できるのかを確認する。

・初年度はビール酵母の成分を抽出したバイオスティミュラント資材を使用し、2年目以降はビール酵母資材に加え、JAはが野においては同社が開発した残渣型バイオスティミュラント資材を使用する。

<検証作物>
JAさがえ西村山:さくらんぼ、もも、りんご、なす、水稲

JAはが野:アスパラガス、玉ねぎ、いちご

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る