人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【注意報】イチゴにアザミウマ類 県内全域で多発のおそれ 大分県2024年3月14日

一覧へ

大分県農林水産研究指導センターは、イチゴにアザミウマ類が県内全域で多発のおそれがあるとして、3月13日に令和5年度病害虫発生予察注意報第6号を発令した。

大分県農林水産研究指導センターによると、3月11~12日に実施した巡回調査では、発生圃場率、平均寄生花率ともに平年より高かった(図1)。

図1:病害虫発生予察巡回調査でのイチゴにおけるアザミウマ類の発生推移(2023年10月~2024年3月)

発生圃場率:70.0%(平年:22.0%、前年:50.0%)
平均寄生花率:5.8%(平年:2.0%、前年:6.6%)

今年度は秋口から高温、乾燥が続いており、アザミウマ類の発生量が多く推移していた。12月以降も高温傾向は継続。福岡管区気象台が3月7日に発表した九州北部地方の1か月予報では、平均気温は平年並30%、高い確率60%。平均降水量は、少ない確率30%、平年並40%と予測。引き続き好適条件が続く可能性がある。

同所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇アザミウマ類は高温乾燥条件下で多発しやすく、今後気温の上昇に伴って施設外からの飛び込みが増加すると考えられる。寄生密度が上昇すると防除が困難となるため、青色または黄色の粘着トラップを設置して、早期発見に努めて速やかに防除を実施する。

〇収穫残渣は、アザミウマ類の増殖源となるため、野積みせずに埋設するなど、適切に処分する。

〇今年度はアザミウマ類の増殖源である雑草の発生量が多く、風による飛来が想定されるため、ハウスの風上側の除草を心がける。ただし、春先にハウスサイドや天窓を開ける前に除草を行うと、ハウス開口部からの飛び込みにより被害が拡大する恐れがあるため、除草後少なくとも2週間以上経過した後に開けるか、ハウス内のイチゴに対して防除を実施した後に除草を行うよう留意する。

〇アザミウマ類は、イチゴ以外にも花き類、トマト、ピーマンなど、多くの園芸作物に被害を及ぼす害虫であることから、作物体を注意深く観察し早期発見・早期防除を心掛ける。

〇アザミウマ類の薬剤抵抗性発達を防ぐため、同一系統薬剤の連続使用は避ける。使用薬剤は大分県農林水産研究指導センター農業研究部病害虫対策チームホームページ内にある「大分県主要農作物病害虫及び雑草防除指導指針」の「いちご」「野菜類」の項目を参照し、農薬使用基準(使用時期、使用回数等)を遵守する。特に同一成分を含む薬剤を連用しないようローテーション散布を心掛ける。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る