農機・資材 ニュース詳細

2014.04.15 
鉄コー水稲直播技術で文科大臣賞一覧へ

JA全農技術主管の山内稔氏

 鉄コーティング(鉄コー)種子を用いた水稲湛水直播技術の開発で、山内稔JA全農肥料農薬部主席技術主管(中四国肥料農薬事業所)が、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の科学技術賞(技術部門)を受賞。4月14日に全農本所で記念講演会が催され、役職員約100人が出席した。

講演する山内技術主管 文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進などで顕著な成果を収めた人について、その功績を讃えることで科学技術に携わる人の意欲の向上をはかる。そのことで科学技術の水準向上に寄与することを目的に、科学技術分野の大臣表彰を行ってきている。
 今回、鉄コー水稲直播技術の開発で、山内稔全農技術主管が、科学技術賞のうち、「中小企業、地場産業等において、地域経済の発展に寄与する優れた技術を開発した者を対象」とする技術部門で受賞した。

(写真)
講演する山内技術主管

◆農地集積だけでは限界

 表彰式は4月15日に文科省で行われるが、それに先立ち、14日に全農の役職員を対象に「記念講演会」が開催された。
 記念講演であいさつした神出元一全農専務は、この受賞は「全農、JAグループにとって大変に名誉なことである」と述べるとともに、いま国はコメの生産コストを4割下げるといっており、一部では農地の集積などで3割下げたところもあるが、「いくら農地を集積しても(コスト低減は)限界」があり、「農地集積だけではなく、もう一つ決め手がいる」。そのための「革新的な技術」がこの鉄コー水稲直播技術であり、「この表彰を糧に、一気に全国に広げていきたい」と決意を述べた。

◆直播で国際競争力を

 山内技術主管は、日本でコメを直播栽培する意味や鉄コー直播技術などについて分かりやすく説明すると同時に、物財費・労働費・高収量によるコメ生産コスト4割削減を実現するためには、[1]鉄コー種子の大量生産、[2]栽培技術(営農指導員の研修と栽培技術の高度化)、[3]専用肥料や防除剤など資材の供給が必要であり、さらに農機レンタルや作業委託、試験機関や機械メーカーとの連携も重要だと指摘。
 そうした個別技術を総合化し、総合力を発揮できるのは全農だけだと語った。そして「もし日本の稲作が移植から直播に切り替わったら、日本の農業が様変わり」し、稲作を省力的にすましたうえで、野菜・果樹・畜産を複合的に行い「収益をはかれる」「耕作放棄地の抑制」ができ、低コストで「国際競争力ができる」と講演を結んだ。


(関連記事)

3大施策の深化図る JA全農が事業計画(2014.04.02)

「1人ひとりが“懸け橋”に」全農が入会式(2014.04.02)

鉄コー直播導入基礎講習会開催 JA全農(2014.03.31)

集落営農から導入を 広島で鉄コ研修会(2014.02.24)

鉄コ直播で米生産費2割削減 JA全農、普及拡大へ本腰(14.02.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ