農機・資材 ニュース詳細

2019.06.21 
「ネバネバ野菜」で夏バテ対策一覧へ

 夏バテに効きそうな野菜は? タキイ種苗の調査から上位に入ったオクラなど栄養のあるネバネバ野菜を紹介。

20190621 タキイ種苗 ねばねば野菜オクラのネバネバは、消化を助ける成分を含んでいる

 

 タキイ種苗が2014年に調査した「夏バテと食生活」に関する調査によると、「夏バテに効くと感じる野菜はなんですか」という問いに約半数の49.4%が「トマト」と答え、以下、「にんにく」(31.2%)、「ゴーヤ」(24.7%)、「ニラ」(19.7%)と続き、ネバネバ野菜の代表、「オクラ」(17.6%)は5位だった。
 その作りやすさから家庭菜園でも人気のオクラは、栄養も豊富でビタミンやカルシウムが多く含まれている。 莢(さや)を切った時のネバネバは、ペクチンやムチンと呼ばれる成分で消化を助け、胃の粘膜を保護。糖分の吸収を抑える効果もある。
 このほか夏バテに効きそうなネバネバ野菜としては、「モロヘイヤ」「ツルムラサキ」「おかのり」があり、いずれも夏においしい野菜。モロヘイヤは、ビタミン、カルシウム、鉄分が豊富で刻むと独特のぬめりが出る。ツルムラサキもカルシウムが豊富で加熱するとねばりが出る青菜。また、おかのりは、ビタミンやカルシウムが豊富で、葉は火であぶるとのりのような食感に、ゆでると粘りが出る。
 この夏は、旬のネバネバ野菜で乗り切ってみては。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ