Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界初、八重咲きで無花粉のトルコギキョウを開発 サカタのタネ2019年7月16日

一覧へ

 サカタのタネは、世界初となる八重咲きの無花粉タイプトルコギキョウを開発した。

190716 八重咲き無花粉タイプ(右)、左下が雄しべのある従来品種 サカタのタネ

八重咲き無花粉タイプ(右)、左下が雄しべのある従来品種

 

 花は一般的に、雌しべの先に花粉が付着すると老化が進むと言われ、観賞期間が減少する。無花粉タイプのトルコギキョウは、雄しべが不完全であるため花粉が発生しない。花持ちに優れており、長時間の輸送に耐え、長く花を楽しめる。また、飛散した花粉が花そのものや周囲を汚さないため、生産者の作業負担や出荷ロスの軽減につながる。生産者・流通業者・消費者それぞれにメリットがある画期的な品種といえる。
 トルコギキョウはおもに切り花で流通し、八重咲きと一重咲きの2種類がある。色はホワイト、ピンク、ブルー、グリーン、ブラウンなど多岐にわたり、中でも汎用性があるホワイトの人気が高い。
問い合わせは、(電話)045-945-8804

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る