想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ザルビオフィールドマネージャーに新機能導入 BASF2020年3月2日

一覧へ

 ドイツの総合化学会社、BASFは、生産者が農作業に関連するさまざまな意思決定を支援するデジタルソリューション製品「xarvio FIELD MANAGER(ザルビオフィールドマネージャー)」に新機能を導入する。

イメージ 

 ザルビオフィールドマネージャーは、2019年には、世界で1万7000以上の生産者の200万ha以上のほ場の作物生産に利用された。

 新機能としては、ユーザーから得たフィードバックに基づき、ほ場固有の肥料投与のタイミングと分量の管理、緩衝地帯が自動的に統合された散布マップ、農機無線接続などを装備。いずれも既存のサービスを補完し、作物ごとの詳細な生育ステージや、病害虫のほ場固有のリスクステータスに関するモバイルアラートなどほ場固有のリアルタイム情報が含まれる。

 また、生産者とアドバイザーが直接連携できる機能も追加し、全世界の生産者がモバイル端末で利用できるようになった。

 ザルビオフィールドマネージャーを利用することで生産者は、自分のほ場への投資に対してより高い収益を獲得でき、2017/2018年では、ザルビオフィールドマネージャーの推奨に基づいて麦畑を病害から保護したヨーロッパの生産者は、3度の殺菌剤散布で、標準的な方法を使った農家より、ヘクタール当たり平均32ユーロ多くの利益を得たという。

 ザルビオフィールドマネージャーのプロダクトマネージャー、ヨーゼフ・アレンドルフ氏は「お客様の収益性が向上し、作業時間が短縮されていることが確認できることが、我々にとってデジタル作物生産最適化アルゴリズムの開発を継続する何よりの励みとなる」と話している。

 また、BASFのデジタルファーミング・コマーシャルオペレーションのグローバルヘッド、 アンドレ・ジョージ・ギルグ氏は「xarvioの製品とサービス数の増加により、2020年はデジタル農業の環境をさらに変革し、生産者に収益性とより持続可能な農業環境をもたらしていきたい」と述べている。

 

(関連記事)
新生産拠点 シンガポールに立ち上げ BASF
BoschとBASFがデジタル農業分野における協力を拡大

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る