想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BoschとBASFがデジタル農業分野における協力を拡大2019年12月20日

一覧へ

 IoTなど革新的な技術を世界規模で展開するBosch(ボッシュ)とドイツの総合化学会社、BASFの「xarvio(ザルビオ)デジタルファーミングソリューション」は、農業分野におけるデジタルソリューションの開発における協力体制を強化する。両社は、除草剤の使用量を大幅に削減するスマートスプレーを共同開発し、2021年の市場投入を予定している。

nous19122009_1.jpg
 xarvioデジタルファーミングソリューションは、作物生産を最適化するデジタル製品。両社は、共同研究開発のためにプロジェクトセンターを設立し、2016年から除草剤の使用量を大幅に削減する高精度の除草剤散布技術であるスマートスプレーを共同開発している。 スマートスプレーのコンセプトは、雑草を防除する現場において除草剤を正確に散布すること。雑草と作物を識別し、標的とする雑草に除草剤を散布することができる。

 現場での日常的な使用では、生産者が農作業に関連するさまざまな意思決定を行うことを支援するデジタルソリューション「xarvio FIELD MANAGER(ザルビオフィールドマネージャー)」と接続し、様々なパラメータを用いて、それぞれの作物がどの農薬をどの程度必要とするか適切に判断する。

 ほ場の活用を最適化し、より効率的で環境に優しい栽培を実現することが目的。生産者はいつでもほ場の状況を確認し、各区画で推奨される情報を取得し、それぞれのほ場で推奨される可変散布マップをダウンロードできる。

 ボッシュは協同研究開発において、カメラセンサー技術、画像処理とパターン認識、制御装置、システム接続性に重点を置いて開発している。

 ドイツのハノーバーで11月に開催された世界最大の農業技術見本市「Agritechnica2019」では、「xarvio Field of Vision(ザルビオフィールドオブビジョン)」と題したブースで両社で開発するスマートスプレーを紹介した。

 BASF のデジタルファーミング・コマーシャルオペレーションのアンドレ・ジョージ・ギルグ氏は「カメラセンサーにより、スマートスプレーはほ場を走行しながら作物と雑草を区別することができる」と説明。ボッシュの商用車部門とオフロード部門を担当するアンドリュー・アレン氏は「市場投入に向けて、より正確に除草剤を散布するために散布器の解像度を最適化していく」と述べている。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る